店舗設計とは?必要な知識やスケジュールなどの雑学を初心者にも分かりやすく紹介

このサイトでは、これから開業を目指されている方に向けた店舗設計に関する情報をお伝えします。
着工から施工のスケジュール、さらには途中でデザイン変更ができるのかなど、はじめてではわからない事項をサポートしていきましょう。
初心者向けの雑学となりますが、すでに経験をなさっている方にとっても役立つ内容を網羅しています。
集客を左右する店舗なので、じっくりと納得ができる形で完成をさせないといけません。
そのお手伝いとなれば幸いです。

店舗設計とは?必要な知識やスケジュールなどの雑学を初心者にも分かりやすく紹介

店舗設計の雑学として念頭に置いておきたいことは、完成日までのスケジュールを把握することです。
実際に営業をするのは、店舗がすべて完成しておかないといけません。
そのためには、店舗設計施工時に大きな変更点を追加しないようにすることです。
多くの施工会社では着工時から途中経過の段階で、細かい変更を希望することは可能です。
しかし、それを実施すると素材の調達などの期間を有するため、完成が遅れる可能性が出てきます。

お店づくりを始める人が知っておくべき店舗設計に必要な知識

店舗設計を考えている人がこれからお店づくりを始める上で必要な知識は、依頼する前にさまざまな情報を整理しておくことで、特に設計業者の選び方は大切なポイントになってきます。
設計業者を選ぶ際は、得意な業種・得意なコンセプト・担当者の対応力をチェックすることが重要で、特に得意なコンセプトを把握することは大切になります。
明確なコンセプトが決まっていれば内装イメージが固まりやすくなりますし、設計業者とコンセプトを共有することでより理想的なお店づくりを実現することができるので、コンセプトの有無は業者を選ぶ上で大きなポイントになってきます。
また、設備の設置や導線・レイアウト、内外装のデザインなど、店舗設計に関わる費用を算出する作業もポイントになりますが、そういった作業は設計士と何度も打ち合わせを重ねることになるので、担当者の対応力も重要な項目になります。
店舗設計に必要な知識として、設計業者選びのポイントを理解しておくことが大切といえます。

店舗設計の基本的な流れやスケジュール

"

理想のお店を自分で作りたい。
そんなときは、店舗設計の大まかな流れやスケジュールを把握し、どのくらいの時間が必要かを頭に入れておく必要があります。
店舗設計は基本的に、施工業者に依頼することから始まるものです。
業種・業態はもちろんのこと理想のイメージやコンセプトを伝える必要があります。
業者の中には希望にマッチした土地や空き店舗を紹介してくれることもあるので、出来るだけ自分の思いを言葉で伝えるよう工夫しましょう。
その後のスケジュールは現地調査があり、納得した場合に契約を結ぶことが基本の流れです。
契約内容は口頭での説明がありますが聞き取りにくい場合もあります。
金額などの重要な事柄も掲載されているので目で見て確認しましょう。
もしデザイン性に凝った店舗設計ならこの時点でCGなどを使用した、イメージ画像が展開されます。
あくまでイメージ図ですが、自分との意識合わせの方向が正しいかをチェックすることが可能です。
見積もり提示後に着工が始まり最後が開店準備となるでしょう。

"

店舗設計では構想やコンセプトをある程度考えておくことで作業をスムーズに進められる

店舗を立ち上げる時には、まずその箱を完成させることが求められます。
具体的には場所が決まり、契約が出来たのであればそこから店舗設計に取り掛かることになります。
どういったコンセプトにするのか、インテリアなどもイメージを考えておくとそれを伝えて形にしてもらうことが出来るようになるでしょう。
何も考えていないまま、店舗設計の業者に依頼をしてもデザイナーも設計士も1から考えることになります。
ある程度仕上がった段階でイメージと違うということになりますと、また考え直さなくてはなりませんし時間もかかります。
そうならないためにも、ある程度店舗設計に入る前にイメージを膨らませて、要望をまとめておくとスムーズに進めていくことが出来るでしょう。
あとは予算なども関係していきますし、トータルで考えていくことになります。
コンセプトを事前に決めておくと、それを伝えやすくなりますし、まずは依頼者側で考えておくことも求められます。

店舗設計においてポイントになる椅子の座面とテーブルの高さの差

喫茶店やラーメン店などを経営する場合、内装はもちろんのことテーブルと椅子にも着目をしないといけません。
男性や女性、そして年代層によって体格は異なるのですべての方が快適に利用ができる店舗設計をおこなうのが望ましいでしょう。
そのコツについて、ここで簡単に見ていくことにします。
まず店舗設計時に椅子の座面とテーブルの高さの差を、しっかりと目に見える数字で表記をすることです。
喫茶店であれば、約20センチメートル程度の差が理想的です。
ラーメン店だとカウンターなら45センチメートルがいいでしょう。
器を顔に近づけて食するのが基本なので、高い方が効率的ということになります。
店舗設計では利用する側の目線となって、デザインをしていかないといけません。
とくに飲食店だとくつろげる空間によって、店のイメージが大きく左右をされます。
ますは開業する際のジャンルを考慮した店舗設計を実施して、実際に環境チェックをすることです。

店舗設計に関する情報サイト
店舗設計の重要性

このサイトでは、これから開業を目指されている方に向けた店舗設計に関する情報をお伝えします。着工から施工のスケジュール、さらには途中でデザイン変更ができるのかなど、はじめてではわからない事項をサポートしていきましょう。初心者向けの雑学となりますが、すでに経験をなさっている方にとっても役立つ内容を網羅しています。集客を左右する店舗なので、じっくりと納得ができる形で完成をさせないといけません。そのお手伝いとなれば幸いです。

Search